白鵬優勝の裏で、、、高安大関へ。照ノ富士綱取り?

相撲

白鵬の復活優勝で幕を閉じた夏場所。

先場所までの白鵬を観てると下半身の衰えが顕著でもう全勝は無理かと思っていた。

しかし先場所の休場がよかったのか下半身がすごく鍛えられていた印象。

ただ以前までのような圧勝はなかったので、稀勢の里が復帰した場所での取り組みに期待。

 

さて、白鵬の優勝の裏で活躍した力士についてみてみる。

まず日馬富士。

今場所は初日から10連勝と絶好調。

内容も良かったので今場所は優勝かと思っていた。

終盤失速したが、2横綱休場した中よく15日間頑張ってくれた。

千秋楽白鵬戦は歴史に残る一戦だったと思う。

 

 

次に照ノ富士。

先場所13勝と久々に優勝争いをし、膝が悪い中非常に健闘していた。

今場所は2連敗スタートで膝が悪いのかと思っていたが

3日目から11連勝。

豪快な相撲も目立ち大関上がる前の照ノ富士に感じた。

正代戦で再び膝を悪化させたが高安戦は大関の貫録を見せる一番だった。

13勝、12勝と2場所連続で準優勝なのに綱取りの話題はあまり出ないが

来場所も優勝に絡んでくると今年中に横綱もあるかな。

照ちゃんファンの僕としては強い時の照ちゃん復活を期待している。

 

続いて玉鷲。

4場所連続三役で勝ち越しはお見事。

突き押しの力士としては幕内で1番かも。

今場所2桁に乗せ、来場所優勝すれば大関の話も上がるが

2場所連続の2桁(できれば12勝)して次の大関候補として頑張ってもらいたい。

 

高安。

言う事なし。

立会いの当たりは上の力士をもふっとばす勢いなので大関に上がっても期待している。

照ノ富士戦で肘を決められたのは気になるが。

 

正代。

先場所三役で負け越し5枚目まで番付を下げたが

やはりあの番付では格が違う。

やわらかい相撲と2本差した時は期待が持てる。

来場所は筆頭だろうから上位相手にも勝ち越してほしい。

 

貴景勝。

豆タンクのような体形で強い当たりを立ち合いからし

一気に攻める。

下位で2場所連続2桁はすごい。

来場所上位でどれぐらいできるかが見もの。

 

北勝富士。

最近期待している力士。

あの番付で大勝ちすると上位にいけるいい番付。

先場所は体調が悪そうな印象があったけど

治れば実力はさすが。

御嶽海とライバル関係来場所は当たるはずだから期待している。

 

最後はその御嶽海。

上位で3場所連続勝ち越し。

玉鷲と並んで次の大関候補だと思っている。

来場所は新関脇となるので序盤に大勝し、終盤戦も上位をかき回す役割、

また大関への足掛かりとしてもらいたい。

 

次回は来場所の番付を予想してみる。

 

UC

コメント