楽天ペイを使ってポイントを貯める

キャッシュレス決済

 

楽天が決済サービス「楽天ペイ」を開始しました。

リアルの店舗で、スマートフォンの操作で支払いができるようになります。

クレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバック等に加えて、

楽天スーパーポイントが0.5%貯まるのがメリットです。

 

楽天ペイとは

あらかじめ楽天会員の情報として登録しておいたクレジットカードで支払いを行うサービスです。

特徴としては、スマホのアプリを使用して支払いを行いますので、わざわざポケットやカバンから財布を出す必要がなく、スマホだけで支払いを完了することができます。

 

 

使い方

 

ユーザー(消費者)は、まず楽天の会員情報にクレジットカードを登録しておく必要があります。

アプリを起動して楽天IDでログインして、決済に使うカードを選択します。

 

楽天カードはJCB・VISA・MasterCardのいずれも使えます。

楽天カード以外のクレジットカードは、VisaかMastercardブランドなら利用できます。

クレジットカードを登録したら楽天ペイに対応したお店で使う事が出来ます。

 

メリット

 

0.5%の楽天スーパーポイント

楽天ペイで支払うと、クレカのポイント等とは別に、0.5%の楽天スーパーポイントが得られます。

楽天カードなら通常は1%が1.5%になり、1.5%の高還元クレジットカードなら1.5%+0.5%で合計2%となります。

 

楽天カフェでは50%OFFに加えてポイント二重取り

楽天ペイで決済すると、渋谷・二子玉川の楽天カフェのコーヒーと紅茶類が半額になります。

これは知らなかったのですが、楽天カードで決済しても半額になるそうです。

 

デメリット

 

セルフペイで店や金額を間違えると面倒

自分でお店を選択して支払い金額を入力して支払う「セルフペイ」の場合、店や金額を間違えると楽天ペイのカスタマーデスクまで連絡する必要があります。

 

利用金額に上限があり

利用1回あたりの上限金額は10万円となります。

例えばクレジットカード利用可能枠が50万円だとしても、1回の決済の上限は10万円となってしまいます。

 

加盟店が少ない

現時点では加盟店が少ないようです。

コンビニではローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100

居酒屋では和民、坐・和民が使えるようです。

楽天ペイ: アプリ決済が使えるお店
お会計で待たない!楽天ポイント二重取り!そして楽天ポイントが使えます!そんな新サービス「楽天ペイ」の使えるお店をご紹介。

 

 

まとめ

 

楽天ペイはクレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバック等に加えて、楽天スーパーポイントが0.5%貯まるのがメリットです。

またLINE Payとの違いはプリペイドカードかクレジットカードの違いで

支払いを先送りしたい人にはクレジット払いの楽天ペイがおススメです。

 

 

 

 

コメント