スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」とは? できることと使い方を解説!

キャッシュレス

 

LINE Pay(ラインペイ)とは?

「LINE Pay(ラインペイ)」とは、送金や決済をLINEアプリで行うことができる機能です。

現金のやりとりが必要なく(キャッシュレス)お金のやりとりが簡単にできます。

 

つまり、LINEアプリで利用できるおサイフサービスです。

 

LINE Payでできること

LINE Payでできることは以下のとおりです。

①チャージ
②決済
③送金
④割り勘(送金依頼)
⑤請求書払い
⑥出金

①チャージ

LINE Payは、事前に残高チャージをすることで提携サービス・店舗でのお買い物や、友達への送金などに利用することができます。

チャージ方法は主に次のとおりです。
⑴銀行口座からのチャージ
⑵セブン銀行ATMからのチャージ
⑶QRコード/バーコードチャージ
⑷LINE Payカード レジチャージ
⑸ファミリーマート(Famiポート)でチャージ
LINE Payのチャージ方法は後ほど解説します。

②決済

LINE Payには、QRコードやバーコードを読み取って支払う「コード支払い」や、事前にカードにお金をチャージして使う「LINE Payカード」による支払いなどがあります。
また、クレジットカードをLINE Payに紐付けることで、LINE STOREやLINEトラベルなどのLINE関連サービスの料金を、クレジットカード決済できるようになります。

③送金

「しばらく会えない友達にお金を返したいけど、銀行の営業時間外で振込ができない」
そんな時、LINE Payを使えば簡単に送金ができます。
銀行口座の振込だとかかる手数料が、LINE Payの送金なら無料なのが嬉しいです。
※送金には本人確認が必要です。

④割り勘(送金依頼)

「友達に貸したお金をそろそろ返してほしい」

そんな、友達に支払いをお願いしたいときに役立つのが「支払い依頼機能」です。
支払い依頼先・請求額・メッセージを入力するだけで簡単に操作することができます。

依頼された相手には、トーク画面で通知が届くようになっています。

出典元

また、飲み会など大勢が集まる場では「割り勘機能」が大活躍します。
参加メンバーと合計金額を入れるだけで、均等に割られた金額を書くメンバーに請求することができます。
割り勘の場合も、通知はそれぞれのトーク画面に届きます。

⑤請求書払い

一部の公共料金などの請求書払いをすることができます。
代表的なお支払い先
・東京電力エナジーパートナー
・関西電力
・東北電力
・九州電力
・中国電力
・東京ガス
など以下、収納代行事業者発行の企業/自治体の一部
・電算システム
・SMBCファイナンス
・三菱UFJファクター
・地銀ネットワークサービス
・アプラス
・NTTデータ
※注意事項※
・支払先によっては、請求書に手数料はお客さま負担と記載がある場合に手数料がかかります。
・税金の請求書支払いは30万円までご利用できます。

⑥出金

本人確認をすると、送金の他にLINE Pay残高を銀行口座を通じて出金することができるようになります。
出金には216円の手数料がかかります。

LINE Payの使い方

LINE Payの使い方について解説します。

LINEアプリから使う

LINEアプリを開き、右下のウォレットからLINE Payを開きます。

LINE Payアプリから開く

新たにLINE Payアプリが登場し、LINEを開かなくてもこのアプリからコード支払いができるようになりました。

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
開発元:LINE Pay Corporation
無料
posted withアプリーチ

コード支払いのやり方

「コード支払い」は、財布もカードも不要で、スマホひとつで簡単に支払いすることができる方法です。
具体的な支払い方法は以下の通りです。
1.LINEを起動して、画面右下の「ウォレット」タブをタップし、LINEウォレットを開く
2.「コード支払い」をタップする
3.パスワードを入力する
4.レジでコード画面を提示して、読み取ってもらう
5.支払い完了。完了画面から「確認」を押すと、決済履歴を確認することができます

LINE Payのチャージ方法

①銀行口座からチャージ

LINEアプリから銀行口座を登録すると、いつでもどこにいてもチャージが可能となり、便利にLINE Payを利用することができます。
登録方法は以下の通りです。
銀行口座の登録方法
1.LINEアプリを起動
2.LINE Payを選択
3.銀行口座を選択し、銀行情報を入力→画像の①
4.各銀行のWebサイトに移動し、必要事項を入力
5.チャージ→画像の②
以上で銀行口座からのチャージは完了となります。
銀行口座のメリットは、オートチャージができる点にあります。
最低残高を設定しておけば、残高がその金額以下になると自動チャージされます。
そのため、残高がなくなるたびにいちいちチャージする必要がなく、非常に便利です。
また、チャージされる金額も自分で設定できるので、使いすぎる心配もありません。

②セブン銀行ATMでチャージ

セブンイレブンの店舗を中心に、全国約2万5,205か所(※)に設置されているセブン銀行ATMでもチャージが可能です。

チャージ方法は2通りあります。
スマホを使うか、LINE Payカードをお持ちの方はカードでもチャージすることができます。

※2019年5月29日現在

 

・スマホでチャージ
LINE Payメイン画面のチャージボタンから「セブン銀行ATM」を選択します。
表示されるコードリーダーで、ATM上に表示されるコードを読み取ることで取引を開始することができます。

・LINE Payカードでチャージ
セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入すると、取引を開始できます。

 

③LINE Payカード レジチャージ

利用可能店舗のレジでチャージする方法もあります。
店員さんにLINE Payカードを渡して、チャージしたい金額を伝えてください。

利用可能な店舗と利用条件は以下の通りです。

利用可能な店舗 利用条件

全国のローソン、ナチュラルローソン
・1,000円以上1円単位(上限49,000円/1回)でチャージ可能
・24時間対応
アインズ、アインズ&トルペ、LIPS &HIPSのLINE Pay導入店舗 ・1円から1円単位(上限49,000円/1回)でチャージ可能
・営業時間内のみ対応
チャージ方法は以下の通りです。
1.LINEアプリを起動し、ウォレットタブをタップ
2.「+」ボタンをタップ
3.「LINE Payカード レジチャージ」をタップし、現金を渡してチャージする

④ファミリーマート(Famiポートでチャージ)

続いては、ファミリーマート(Famiポート)でのチャージの仕方についてです。
チャージの手順は以下の通りです。
1.LINEアプリ起動
2.LINE Payを選択
3.チャージ
4.コンビニチャージを選択
5.チャージしたい金額を入力
6.コンビニで支払いをする
Famiポートとは、映画やライブ、スポーツなどのチケットや各種支払いなどのサービスが、画面にタッチするだけで受けられるファミリーマート専用の「マルチメディア端末」です。
必要な操作を終えると、Famiポート端末からレシートが出てくるので、レシートを持ってレジに行き、30分以内に支払いを終えてください。

LINE Payの使い方まとめ

LINE Payでできることと使い方について解説しました。
LINE Payを使えばキャッシュレス生活、友達にわざわざ会わなくてもLINEを知っていれば送金や割り勘をすることもできます。
銀行では手数料がかかりますが、LINE Payだと手数料がかからないのは魅力です。
また、LINE Payは定期的にキャンペーンもやっており、10〜20%程度の還元を受けられることもあります。
使い方が簡単でお得なキャンペーンも定期的に開催するLINE Pay、ぜひこれを使ってキャッシュレス生活をしてみてください!

コメント