LINE Payのポイント還元率を活用するべし

便利サービス

 

どこのお店に行っても「ポイントカードはありますか?」ときかれるこの時代。
ポイントを貯めて何かに活用したいなと思う。

LINE Payカードで支払いを行うと利用金額100円についてLINEポイントが2ポイント貯まる。これは還元率で考えると2%ということになる。

現在クレジットカードを含めて、一般利用の状態で2%の還元率に匹敵するカードは存在しないので、LINE Payの還元率の2%というのは是非ともフル活用したいところ。

コンビニはもちろん、あらゆる場所で使えるようになってきたLINE Payの賢い使用方法を紹介したい。

 

LINE Payとは?

LINEアプリの新機能、送金・決済サービス。LINE Payを使うと、インターネットショッピング(ネット通販)の支払いやLINEの友だちとのお金のやりとりが、LINE上だけで便利に行える。

 

LINE Payでできること

・決済機能
・個人間の送金
・送金依頼
・割り勘機能

相手の口座番号などを知らなくても、お互いLINE Payを使えるようにしておくことで、友達同士で簡単に送金や送金依頼、さらには居酒屋などでの支払いに割り勘機能を利用することができる。

メリット

還元率2%!クレジットカードの相場の4倍

ポイント還元率の高さが何よりのメリット。
還元率2%というのは、一般的なクレジットカードのポイント還元率に比べると4倍ある。(0.5%くらいが普通)
審査がなく、誰でも持てるカードの割には還元率が高すぎるのが特徴。
この還元率の裏にはデメリットもあるが。

ちなみにApplePayのSuicaへのチャージでも2%還元になるから僕はこれを使っている。

 

コンビニでチャージしやすい

コンビニではセブンイレブンのnanacoがセブンATMでチャージをすることができるが、LINE Payの場合はコンビニのloopiやFamiポートなどからチャージすることができる。

友人に気軽に送金できる

チャージした残高から設定した金額を友人のLINE Payアカウントに送金ができる。

自分の銀行口座と紐付ければさらに便利に使える

LINE Payアカウントより、本人確認を済ませてLINEMONEYを利用する事できるようになれば、銀行口座とラインペイを紐付けることができる。
そうすることで銀行口座からLINE Payに現金をオートチャージすることが可能となる。

 

デメリット

 

現金化するときに手数料がかかる

送金されたお金を自分の銀行口座に移す(現金化する)場合には手数料が必要。
このときの手数料は一回につき216円。

 

まとめ

登録が無料で手続きが難しくないLINE Pay。
今時ポイント還元率が2%のカードなんてほとんどないから作っておいた方がいいと思う。
また、友人間の送金にも利用でき割り勘の時などスムーズにやりとりができるだろう。
キャッシュレス化している人はぜひ使ってみては。

 

LINE Payの申し込みはこちらから。

コメント