キャッシュレス決済で最大5%還元のキャッシュレス消費者還元事業の概要!

キャッシュレス決済

2019年10月から開始されるキャッシュレス・消費者還元事業

事業者にはキャッシュレス決済に関して、決済端末導入費や決済手数料の一部および消費者への還元分を国が補助し、消費者側にはキャッシュレス決済をしたらポイントを還元するという、キャッシュレスの推進を支援する事業です。

消費者側はキャッシュレス決済すると5%(もしくは2%)還元されるので
消費税が2%上がるけど来年の6月まではキャッシュレス決済をしたら増税分、もしくはそれ以上還元されるからむしろお得かもしれません。

今回はキャッシュレス・消費者還元事業の概要についてまとめました。

 

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

キャッシュレス・消費者還元事業とは、加盟店でキャッシュレス決済をすれば5%、もしくは2%がポイントとして還元される制度です。

実施期間

2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間。
実施されるのは、消費税が10%に引き上げられる2019年10月1日からです。

9ヶ月限定の措置になっています。

内容

対象加盟店でキャッシュレス決済をすれば5%、もしくは2%がポイントとして還元される制度です。

還元率

どの店舗も還元率が一律というわけではなく、

中小企業・小規模事業者が運営する店舗でのキャッシュレス決済は5%還元
コンビニなどのフランチャイズ店舗でのキャッシュレス決済は2%還元

加盟店の大きさによって還元率が異なります。

コンビニでは2%が支払い時に値引きという形で即時還元されます。

キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率の違い

キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率制度は同時期に開始し、制度も似たような感じなのでキャッシュレスに疎い方だと少々複雑かと思います。

・キャッシュレス・消費者還元事業:加盟店でキャッシュレス決済をすれば5%、もしくは2%がポイントとして還元される制度
・軽減税率制度:対象となる品目を購入すれば消費税が10%から8%になる制度
複雑なので表にまとめてみます。
キャッシュレス・消費者還元事業 軽減税率制度
実施期間 2019年10月1日〜2020年6月30日 2019年10月1日〜
内容 対象加盟店でのキャッシュレス決済で5%or2%還元 対象となる品目を購入すれば消費税が10%から8%になる
対象 中小企業・小規模事業者が運営する店舗でのキャッシュレス決済は5%還元
コンビニなどのフランチャイズ店舗でのキャッシュレス決済は2%還元
酒類・外食を除く飲食料品の購入

週2回以上発行される新聞の購入

※テイクアウトなら消費税8%、店内なら10%といったルールもある

これらは合わせて利用することも可能で

キャッシュレス・消費者還元事業対象のお店で軽減税率制度の対象品目をキャッシュレス決済すれば、消費税が8%(2%引き)になり、5%の還元も受けられるので合計7%もお得になります!

 

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となるお店

このマークのあるお店ならキャッシュレス決済で5%、もしくは2%還元になります。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗はキャッシュレス・消費者還元事業の公式サイトで確認ができます。

対象店舗の確認はこちら

 

また、地図上に対象店舗を表示するアプリもリリースされました。

ポイント還元対象店舗検索アプリ

ポイント還元対象店舗検索アプリ
開発元:一般社団法人キャッシュレス推進協議会
無料
posted withアプリーチ

2019年9月25日時点で、全国73万店ものお店が加盟店登録申請をしております。

 

アプリの画面はこんな感じです。
加盟店が黄色いバルーンで表示されています。

 

バルーンをタップすると還元率だったり、そのお店で使える支払い方法が記載されています。

 

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる支払い方法

現金以外のキャッシュレスによる決済方法が対象です。

キャッシュレス・消費者還元事業が定めている「キャッシュレス決済」は以下の通りです。

・クレジットカード
・デビットカード
・電子マネー
・QRコード
スマホのキャッシュレスアプリは、QRコード決済できるものがほとんどなので、キャッシュレスアプリはほぼ使用可能と考えていいでしょう!

以下のリンクから、登録されている消費者向けサービスを探せるので、気になる方は見てみてください。

登録されている消費者向けサービスを探す

還元の上限と還元方法

還元の上限

現在既に公表されているカード会社(JCBカード、楽天カード、ビューカードなど)の還元上限金額は、基本的にカード1枚につき月に15,000円までとなっております。

ちなみにそのカードをすべて5%還元のお店で使ったとしたら、カード1枚につき月30万円までの決済分がポイントが還元される上限となります。

月に30万前後の高額支払いをする方は、30万円を超えると還元が受けられず損をする場合がありますので、カード明細をチェックするなど注意が必要です。

主なキャッシュレス決済の還元上限は以下の通りです。

クレジットカード:1枚につき15,000円/月
PayPay・楽天ペイ:25,000円/回
LINE Pay:30,000/月 期間中の上限額はありません
Origami Pay:2,000円/1回

こう比較してみるとクレジットカードは月での上限額なので、クレジットカードの還元が1番多いことがわかります。

 

還元方法

還元時期や還元方法は事業者ごとに異なります。

1.カード、電子マネー、QRコード決済などの各種サービスから即時-3ヶ月後にポイントやキャッシュバックとして還元される。
2.コンビニやAmazonなどから即時還元(実質値引き)という形で還元される。

すべてを把握するのは大変なので、よく使うであろうキャッシュレス手段の還元方法だけ抑えておくのが良さそうです。

また、還元方法は4種類あります。

ポイント付与:決済額に応じたポイントまたは電子マネー残高に上乗せでチャージして付与する方法
即時充当:購買時に即時、購買金額にポイント相当額を充当する方法
引落相殺:利用金額に応じた金額を口座から引き落とす際に、ポイント相当額を引き落とし金額と相殺する方法
口座充当:少なくとも1ヶ月以内の期間毎に口座にポイント相当額を付与する方法
「ポイント付与」は、ポイントが付与されるため何らかの方法により現金化しなければなりません。
他の還元方法は、対象のお店で支払ったら勝手にキャッシュバックされているので、「キャッシュレスよくわからないな」という方は「ポイント付与」以外の還元方法のキャッシュレス決済を利用するのが良さそうです。
主なキャッシュレス事業者の還元方法をまとめました。
事業者 還元方法 還元日
還元上限
JCBクレジットカード 金融機関の口座から振替時に相殺 翌月10日の振替時に反映
15,000円/月
ビューカード 請求額からの値引きして還元 利用月の翌々月4日
15,000円/月
楽天カード 楽天ポイントで還元 カード利用月の翌々月22日頃
15,000ポイント/月
楽天ペイ 楽天ポイントで還元 利用月の翌々月末頃
25,000ポイント/回
PayPay PayPayボーナスで還元 決済日の翌月20日前後
25,000円相当/回・月
Origami Pay 支払い金額から即時差し引かれて還元 即時
2,000円/回
Suica JREポイントで還元 決済の翌月上旬頃に還元
チャージ額にポイント還元率をかけた額
Kyash Kyashポイントとして付与 売上が確定したタイミング
50,000円相当/1ヶ月
こう見てみると、楽天経済圏を使っている僕からしたら楽天ポイントで還元される楽天関連サービスを使いたくなります。
現金派の人は、JCBクレジットカードやビューカードの請求額から相殺される方を使うのが良いでしょう。
ちなみにセブンイレブンでnanaco支払いをした際のレシートは以下のように表示されます。
コンビニなので、値引きという形で即時還元されます。
他の還元方法も、10月1日以降随時更新していきます。

キャッシュレス消費者還元事業を使いこなして、増税分以上お得になろう!

ここまでキャッシュレス消費者還元事業について解説してきました。
僕もこの記事を書き切って、やっとこの「キャッシュレス消費者還元事業」の概要を理解できました。
日頃からキャッシュレス生活をしている方だったらそれを応用すれば使いこなせますが、「10月以降からキャッシュレス生活を始めよう」なんて方はどれを使っていいか迷うと思います。
僕のオススメは、JCBやビューカードなどのクレジットカードをメインで使い、クレジットカードが使えない場合はSuicaやPayPayを使うのがいいと思います。
2、3個ならキャッシュレス初心者の方でも覚えられると思います。
また、JCBはQUICPayの20%還元もやっており、このキャンペーンが終わる12月まではQUICPayを使った方がお得に感じます。
キャッシュレス決済すると5%(もしくは2%)還元されるので
消費税が2%上がるけど来年の6月まではキャッシュレス決済をしたら増税分、もしくはそれ以上還元されるので、キャッシュレス消費者還元事業をフル活用して増税後もお得に暮らしましょう!

コメント