ふるさと納税 12月中にやらないと損!

ふるさと納税

 

今回は、最近話題の「ふるさと納税」についてです。

ふるさと納税は、1月~12月で区切られるので12月中にやらないと損です。

 

 

 

ふるさと納税とは

 

応援したい自治体に寄付をしたときに、2,000円を超える部分が住民税や所得税から控除される制度です。

※控除額には上限や一定の制限があります。

 

 

ふるさと納税の流れ

 

 

控除上限額を調べる

 

寄附する前に、控除上限額を確認しましょう。「ふるさと納税」で控除される金額は、年収や家族構成によって異なります。

「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション↓↓

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション
いくらまでふるさと納税の寄附ができるか寄附の上限額が簡単にわかる機能です。計算シートや目安表を使って、ふるさと納税の控除額を調べることができます。控除額を把握しておけば、効率的にふるさと納税を楽しむことができます。

 

 

寄附をする自治体を決めて寄附を申し込む

 

お礼の品や応援したい地域などを選びます。

お礼の品は、食べ物、家電、家具、観光地のサービス券様々です。

クレジットカードでのお支払いに対応している自治体なら、お申し込みと同時に寄附が完了するため、さらに簡単、便利です。

 

 

「お礼の品」と「寄附金受領証明書」が届く

 

自治体から、寄附のお礼として「お礼の品」とその証明として寄附金の領収書「寄附金受領証明書」が届きます。「お礼の品」の到着時期は、自治体や内容によって異なります。

※「寄附金受領証明書」は確定申告で必要になりますので、大切に保管してください。

 

 

寄附金控除の手続きを行う

 

税金の控除を受けるためには「確定申告」で手続きが必要です。

ふるさと納税 確定申告ガイド↓↓

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | ふるさと納税の確定申告を徹底解説!書き方、方法、申告時期などを分かりやすく説明
自分は確定申告が必要?確定申告の時期、準備するものや手続きの方法、控除や還付についても図や動画を交えて分かりやすく解説します。

 

 

注意点

 

年末に申し込んでクレカ決済の場合は注意が必要です。

 

例えば、12/31にふるさと納税を申し込んだけど、カードが1/3に決済されたとしたら、これは来年のふるさと納税になります。

今すぐ申し込むなど余裕があるタイミングならクレカ払いでも問題ないです。

ただ、カード会社によって決済のタイミングが異なるため、年末が近くなったらカードは避けて下さい。

 

 

ふるさと納税おすすめサイト

 

最大で7のポイントが付く、楽天がオススメです。

仮に10万円の納税なら、最大で7,000円のポイント還元です。

品揃えもいい感じです。

【楽天市場】ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先や使い道が選べ、お礼の特産品も楽しめます
楽天市場でふるさと納税を。はじめての方でも簡単!楽天会員ならお買い物と同じフローで寄付が可能。特産品のお礼や税金の控除を受けられるなどの特典も。楽天スーパーポイントも貯まります。

 



コメント