【2020/3/30】志村けんさんでコロナウイルスは他人事ではないと感じた 

日記

今日は会社に事前の許可も取らずテレワークをしようと昨日の夜から決めていた。

朝起きてスッキリを見ていたが、現実になってほしくなかった訃報が流れた。

 

志村けんさんがコロナウイルスより亡くなった。

 

1週間前にコロナウイルスになり入院していたけど、僅か1週間で亡くなってしまうとは。。。

高齢とはいえ、こんなにも簡単に人を殺してしまうコロナウイルスにより一層恐怖を抱いた。

今までかかっても若ければ死なない、かかっても8割の人は症状が軽いなどと思っていたけれどそんな風に思えなくなるほど不安と恐怖を抱きながら過ごす終わりのない日々が続くんだ。

志村けんさんの訃報を受け、今まで気にせず出歩いていた人たちも今回ばかりは他人事とは思えなくなっただろう。

物流関係や丸井などの百貨店では4月2日からロックダウンになるという話が出てるらしい。

菅官房長官は否定をしているが恐らくロックダウンされるだろう。

 

今自分にできることは不要不急の仕事に行かない、手洗いうがい・消毒をこまめにする、電車の手すりなど誰が触ったかわからないものには触れない。

もし自分が健康でも保菌をしていたら家族に移してしまう可能性がある。

家族がコロナウイルスになって入院してしまったら、隔離されて会えなくなってしまう。

ただでさえネガティブな情報が飛び交う中、家族と会えなくなってしまうのは精神的に耐えられない。

そうならないためにもより一層注意して、我慢して暮らしていきたい。

 

終始、暗い話になってしまったけど、そんな話題になってしまうぐらい、俺の人生でもターニングポイントになるぐらい重要な局面に来ていると思う。

 

コメント