持ち運びルーターはBroad WiMAXがお得!

節約

 

友達から「インターネット契約したいんだけど、どれがお得なの?」という質問をもらったので調べてみた。

 

持ち運びルーターはどれがお得なの?

・まず友達の現状。
キャリア:au
最大使用台数:2台(スマートフォン・パソコン)
主な使用方法:映画鑑賞

家では映画を見るぐらいのようだ。

映画を見るだけならポケットWi-Fiでも充分だろう。

 

ポケットWiFiとWiMAXって何が違うのか

一般的に「ポケットWiFi」という言葉は、持ち運び出来るWi-Fiルーター(モバイルWi-Fiルーター)を総称して使われることが多いが、実は違う。
ポケットWiFi(Pocket WiFi)はワイモバイル社(旧イーモバイル)が提供しているモバイルWi-Fiルーターの名称。ここを勘違いしたまま、ポケットWiFiだけ調べてしまうと、目的に適したモバイルWi-Fiルーターを見逃してしまうかもしれない。
そしてもう一方の「WiMAX」は、UQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」というモバイルWi-Fiルーターを表している。ガチャピン・ムックのイメージキャラクターで有名。

ポケットWiFi・WiMAXのサービスの比較

WiMAXはauスマホの月額料金が最大934円/月割引なのが特徴。

 

【比較①】契約期間の違い

初期費用・月額料金はほぼ同じだが、ポケットWiFi(Y!mobile)は3年契約、WiMAX(UQ WiMAX)は2年契約が基本となっている。契約期間中の違約金は、WiMAX(UQ WiMAX)が高くなっているが、契約期間は出来るだけ短い方がいいだろう。
他にも契約期間が無いプランなどもあるが、月額料金が高くなるため、実質ほとんどの場合は上記のプランに加入するのがいいだろう。

【比較②】通信制限

一見、上記の表だけではあまり違いが無いように見えるが、実は違いがある。 まずは、モード①とモード②の違いを見てみよう。
モード①:高速だけどエリアが狭い電波だけ使える。
モード②:高速な電波も使えて、高速な電波が届かない場合には少し遅いけどエリアが広い電波も使える。
こんなイメージ。通信制限が無いプランとは言うものの、LTEの帯域は、回線の負担を軽減するために通信制限を設けているよう。 ちなみに、モードの切り替えは端末の設定から行える。
通信エリアについては、『WiMAX(UQ WiMAX)の方が、ポケットWiFi(Y!mobile)より、通信制限がかからず、高速に使えるエリアが広い』というデータがある。
AXGPエリアは未提供地域がまだ多いため、月に7GB以上の通信をされる方は特に「通信制限無しのプランなのに、制限がかかってしまった!」なんてことにならないように注意が必要。

※参考資料

WiMAX(UQ WiMAX)- WiMAX 2+エリア

 

ポケットWiFi(Y!mobile)- AXGPエリア

 

 

通信制限についてさらに詳しく

通信速度制限には2種類ある

1. 3日間のデータ使用量が基準を超えた場合
2. 月間データ容量が契約したプランの限度を越えた場合(使い放題のプランはなし)
2番の契約プランは非常に分かりやすいが、問題は1番。

使い放題のサービスに申し込んでも3日間の通信速度制限がある。通信速度制限とは利用できなくなるのではなく速度に制限が掛かること。

 

WiMAXの場合

2017年2月2日からWiMAXの3日間の通信速度制限が緩和された。それ以前は3日で3GBのデータ利用で通信速度制限になっていたが、現在では3日で10GB以上。
制限時の通信速度は、youtubeの標準動画が閲覧できる速度・1Mbps程度。3日で10GBだから、これまで以上にデータ容量を意識することなく利用できる。
もし、WiMAX2+とau 4G LTEのデータ利用の合計で3日間で10GBを超えてしまうと、翌日の18時から翌々日の2時まで通信速度制限になる。YouTubeの動画が閲覧できれば問題ない人が大多数だと思うが、3日で10GBの制限のことは覚えておきたい。

 

WiMAXの速度制限・3日で10GBはどれぐらい?

新基準の通信速度制限は1Mbps。これまでの通信制限時の速度と比較すると多少遅く感じるはず。しかし、規制が掛かるまでのデータ容量を大幅に引き上げたことやyoutubeの標準動画が閲覧できる速度は維持してもらえる。
余程のヘビーユーザーではない限り、3日で10GBの制限自体に掛からないのではないかと思う。
データ容量3GBと10GBはどれぐらい違うのか?
インターネットにスマホやパソコンを接続すると、バックグラウンドで動いているアプリやソフトウェアもデータ通信をしているため、多少余裕をみて判断するべき。
パソコンでWiMAXを使ったときのサンプルはこちら。スマホの場合は、もう少し容量が少なくて済む。

 

 

用途に合わせて選ぶ

ポケットWiFi

・WiMAXの電波が届かない地域での利用
・SoftBank光利用中の方

WiMAX

・サクサク通信を楽しみたい方
・月に7GB以上の通信をされたい方
・auスマホ/auケータイ利用中の方
2年以上の契約、誰でも失敗はしたくない。まずは自分の目的・用途が何なのかを考えて、最適なサービス・プランを選びたい。

 

 

WiMAXの月額料金を1,500円以上安く契約する方法

実はWiMAXを提供しているのは、UQ WiMAXだけではない。

回線や端末はまったくUQ WiMAXと同じだが、販売サイトによって料金が違う。
安い理由としては、UQ WiMAX以外のWiMAX販売業者が価格競争をしているため、公式と料金の差が出ているようだ。
その競争の中でも、Broad WiMAXが月額料金最安。
公式だと4,380円/月のプランが、1~2ヶ月目:2,726円/月、3~24ヶ月目:3,411円/月で使える。
他にも公式にはない様々なキャンペーンを実施しているが、中でも魅力的なサービスが、『ご満足保証』である。

ご満足保証

Broad WiMAX契約後、通信速度などで満足出来ない場合に、違約金なしで他のインターネット回線へ乗り換え出来るサービス
モバイルWi-Fiルーターの契約に不安が残る方も、この保証があれば損することなく最適なインターネット回線を選ぶことが出来。かなりオススメ。

 

まとめ

 

一人暮らしであればBroad WiMAXがお得。
どんなに映画を観る人でも3日で13時間観れれば通信制限を超えることもないだろう。
個人的には格安SIM+Broad WiMAXがベストな組み合わせだが、au、ソフトバンクユーザーは割引があるので今のキャリアでもお得になるだろう。
また8月はキャンペーンをしており、夏のボーナス商戦や夏休みの買い替え需要を狙うプロバイダーが競い合っており、新生活向けの繁忙期である春のキャンペーンと比較しても見劣りしない状況。
買い替えるなら今がベストだろう。

コメント